家が好き、人が好き、タマック!

menu

住宅展示場ってどんな場所だろうか?

 

家を持とうか、家を建てようかという考えを持った人にとって、住宅展示場のモデルハウスは行きやすくて、参考になる場所。それ以上にわくわくする場所でしょう。確かに、実際に建っている家をいろいろ見られるわけですから、「こんなところに住みたい」とか、「こんな間取りがいい」「こんなシステムキッチンが憧れ」といった夢を具体的に描くことができます。

しかし、ここにも落とし穴があります。モデルハウスというのは、いわば贅を尽くしたショウルームであり、テーマパークのようなものなのです。第一に、とても広い。建坪が70坪から80坪あるのが普通です。そう簡単に建てられる規模ではありません。さらには設備も材質も最高グレードのもので揃えています。システムキッチンも見事です。さりげなく金額を聞いてみたことがあります。だいたい皆、坪100万円くらいだと言います。単純計算で、80坪ならば8000万円掛かります。それくらいのものが並んでいる場所が住宅展示場なのです。まさにテーマパークです。

すると、どうなるでしょうか? まず空間認識が翻弄されます。さらに豪華な設備、インテリアで目がくらみます。モデルハウスは玄関からして大きいです。もちろんリビングルームも広いです。冷静な判断力は失われてしまい、これが自分のものになるという錯覚を抱くわけです。どこにも嘘はありません。この家がそのまま建つとは誰も言っていません。あくまでもモデルハウスにすぎないのです。しかし、そうした錯覚を呼びます。あえて違うとも説明はされません。

そして、そんなふうに錯覚に陥り、いささか気分が高揚しているところに、百戦錬磨の営業担当者が話しかけてくるわけです。そこから長時間拘束や質問責めが待ち構えていることもあります。何とか契約まで取りたいという流れが用意されているのです。

マッチングカウンターというものもあります。各展示場などで住宅会社の情報などを紹介してくれる、無料の相談カウンターです。ほとんどは、自社が発行する雑誌などに広告を出している住宅会社、または、提携している住宅会社を何軒か紹介してくれます。無料のサービスですが、その紹介に端を発して成約まで至った場合には、住宅会社から決して安くはない紹介料がキックバックされるという仕組みです。その原資はもちろん、お客様が払う建築代から捻出されます。

つまり、マッチングカウンターとは広告宣伝のつなぎ役であって、多くの場合、窓口の担当者は家づくりに関する知識も少なく、各住宅会社の特性についてさえしっかりと把握していないケースが多いのです。実際に相談をした場合、お客様個々の要望に見合った会社の情報を提供してくれるのならいいのですが、「なぜ、この組み合わせなんだろう?」と感じる数社が紹介されるケースも少なくありません。注意してください!

関連記事

住まい選びの教科書