家が好き、人が好き、タマック!

menu

なぜライフシミュレーションが大事なのか?

 

人生最大の買い物ともいわれる「住宅」。30年、35年と、人生のすべてと言っていいほどの、とても長期なローンを組むのが普通です。人生の掛かったそんな買い物を、「いくら借りられるか」であったり、感覚的な将来予想だけで検討していいのでしょうか?

今の会社に果たしてずっとお勤めになるのでしょうか? 給料はずっと右肩上がりでしょうか? お子さんたちの教育は見通せていますか? お二人の老後の心配は? そもそもこの先、やりたいことはありませんか?

誰にもそれは定かにはわかりません。本人の予想は多くの場合漠然としていて、甘いものです。だからこそ私たちは、予算を組む前に、ライフプランナー(FP)によるライフシミュレーションを常にお勧めしています。

FPは、お客様ご家族のこれからの人生をそれぞれのご希望や状況をお聞きしながらシミュレートしていきます。無理をして家を持つことで、将来の夢が達成できないとしたらそれは本末転倒だからです。ライフプランが崩れるようなローンを背負ってはいけないのです。

だから、家を所有する本来の目的をまず聞きます。今後どういう家族構成でどういう夢を実現していきたいのかということを細かくお聞きして、老後に至るまでその生活を維持していくために、今後どのくらいのお金が必要になるのかということを見積もっていきます。それこそ旦那さんや奥さんのお小遣いまでヒヤリングをして、収支のバランスを見て、住宅取得に掛かるお金をどこまでに押さえておけばその生活は守られるのかというラインを見極めます。ご家族にとって、できれば理想の、最低でもそれ以上は譲れない生活を守りながら家を入手することができるラインを決めていくわけです。

仮に家を建ててしまったら子どもが望んでも大学にまで行かせてあげられないとか、自分たちの趣味も捨てなければいけないとすれば、そんな買い物は絶対にしてはいけないのです。

不動産会社などに行くとまず年収と勤続先を聞かれます。これで組めるローンの目安がわかります。加えて、「自己資金がいくらあるか」「親からの援助は得られるか」と聞いてきます。この3つを足し合わせれば、そのお客様が銀行でローンを組んで、さらにそれに追加することで出し得る最大の金額がわかるわけです。しかし、それは現時点で“借りられる”額であって、必ずしも“返せる”額ではありません。実際にどこまでの額であれば、思い描いている生活を犠牲にすることなく返せるのかという根拠を持たずに、その場に流されて契約までしてしまう人がとても多いのです。これはとても危険です。実は、どのハウスメーカーにもおそらくFPはついています。ただ問題なのは、そうしたFPの多くは、「大丈夫ですよ」という言葉によって、お客様の背中を押す役目になってしまっているという点です。しかし、その「大丈夫」は、「大丈夫、借りられます」であって、「返せます」を意味しているわけではないのです。

だから本来は、住宅会社に雇われているFPではなく、自分のためを思って計算をしてくれるホームFPがいるといいのですが、そうしたツテを探してみるのもいいかと思います。

多くの人は、感覚で生きています。老後に至るまでの支出を若いうちから計算する人はあまりいないと思います。ましてや、それまでに経験したことのない何千万円単位の住宅購入となると、業者側からの情報だけを頼りに、感覚で進んでしまう方があまりにも多いのです。

そこで、大切な質問を繰り返します。「資金の根拠を持っていますか?」。「不動産会社の担当者が大丈夫だと言っている。借りられますよと言っているから大丈夫」と思った人はそれこそ要注意です。

関連記事

住まい選びの教科書