家が好き、人が好き、タマック!

menu

お勧めしたい注文住宅(フルオーダー)のメリットと実現性

 

注文住宅にはセミオーダーとフルオーダーがあります。セミオーダーとは大手ハウスメーカーなどがさまざまな魅力的な名称でパンフレットを用意している商品です。これは注文住宅ではありますが、最大公約数で生み出されたいくつかのフォーマットです。いくつかの選択肢も用意されていますし、オプションもありますが、注文住宅と言い切っていいのか、正直、疑問を感じます。つまりは、細部に至るまで好きなように作れる住宅(フルオーダー)の意ではなく、受注生産する住宅といった意味なのです。イージーオーダーのスーツと似ています。家のコンセプトやデザイン、間取りや設備も、何パターンかに決められていて、それぞれの組み合わせを選んでいきます。設備を少しいじろうとするだけでも、多額の追加料金が発生するケースも少なくありません。

また自由設計という言葉もよく見受けられますが、こちらもかなりの制約があり、とても「自由」とは言えないケースが多々見受けられます。間取りは自由だけど設備は絞っている、設備は自由だけど間取りは決まっているなどさまざまで、会社によってどこまで対応できるのかは違います。

これらに比べて、フルオーダーの注文住宅はまさしく本来の意味での自由設計です。とことん納得がいくまでやり取りをして、間取りや設計図も何枚も書き直して、あらゆるものを参考にして、思い描く自分たちの城を作り上げていただくのが趣旨です。施主が単にお客様ではなく、本当の意味での施主となっていただき、営業や設計士、インテリアデザイナー、大工などがそのお手助けをするという構図です。

だから皆さんには細部にわたって大いにわがままになっていただいていいのです。それこそ、自分の気持ちを遠慮する事なく思いっきり伝えていただきたいと思います。一生に一度の、やり直しのきかない高額な買い物ですから、納得するまでとことんやり取りをするのはそもそもわがままでも何でもないのです。

肝心なのは、その施主にとっての当たり前を受け止めてくれる、そういう業者を見抜く事なのだと思います。

打ち合わせも多くなりますし、ご自身で検討していただくことも増えますから労力はかかりますが、その打ち合わせが楽しいと思えるようにならなければ、注文住宅の醍醐味はないと思います。本来は打ち合わせで悩んでいるときが一番楽しいはずなのです。そのプロセスが楽しめるというのも、注文住宅でしか得られない醍醐味だと思います。

では、その実現性はどうなのでしょうか。つまりは予算です。確かに注文住宅(フルオーダー)の場合、いくらでも高い家を建てることもできますが、そうではなく、建売りの相場を意識しながら、理想の注文住宅を実現した人が何人もいます。注文住宅もメリハリの付け方一つで、建売り住宅とそう大きく変わらない金額で作ることも可能なのです。

ざっくり言えば、そこあるのは数百万円の差です。たとえば土地と建物の広さが30坪で4300万円くらいの建売り住宅の場合、土地代を除いた建物の売価は、だいたい1600万円。この場合の建物の原価がおよそ1300万円だとします。これと同じ広さでフルオーダーの注文住宅を建てる場合、1800万円から2200万円程度というのが私どもの相場です。つまり、200万円から600万円の差ということになります。あとはメリハリ。つまりは優先順位をどうつけるかということです。住んでからの満足度、納得度、価値観は、それどころの差ではないはずです。

しかも建売り住宅は20年くらいでいろいろと問題が発生してくる。だから安いのは当たり前。こだわるべきところを一切こだわらずに、素人の買主さんに気づかれないところはすべて、説明もせずにスルーするわけです。それだけ、掛けるべき原価も掛けていないのです。もしも、20年で建て替えなければならなくなってしまったとしたら、むしろ逆に、とても高い買い物をしたことになってしまいます。

その点、フルオーダーの注文住宅は快適さ、住みやすさだけでなく、当然、安全性にも耐久性にもとことんこだわることができます。

関連記事

住まい選びの教科書