家が好き、人が好き、タマック!

menu

【建築途中現場の見学・OB施主宅訪問】施主同士を積極的に会わせない理由は情報交換されたくないから!?

 
施工中の現場や完成した建物を近隣や一般のお客様に公開する現場見学会は、その住宅会社が実際にどのような家づくりをしているのかを知る、貴重な機会です。

かつては現場見学会と言えば、常設のモデルハウスを持たない地元の住宅会社が、現場近隣エリアを対象に、完成した住宅を公開する場でした。

告知方法は、新聞への折込みチラシや近隣へのポスティングなどが主で、住宅展示場の豪華なモデルハウスでは体験出来ない、実寸大の建物や工夫を身近に感じることの出来る機会として、全国各地に普及していきました。近年、全国に拠点展開する大手ハウスメーカーでもその手法が採用され、現在では各地域で多くの現場見学会が行われています。

またお披露目する段階として、完成した住宅のみならず、工事途中の基礎現場や構造現場の施工プロセスの公開も積極的に行われるようになっています。

完成後は決して見ることの出来ない基礎現場や、建築途中の構造躯体を見学出来る構造見学会は、家を価格や設備だけの比較に終わらせない機会として、とても有効です。

 

現場見学会でチェックするべきこと

もっとも、「現場見学会で何を見ればいいのかわからない」という声もよく聞きます。

こちらから何も聞かなければ、おそらく見学会の担当者は工法や設備、デザインなど住宅会社の視点で一方的に説明していくでしょう。あくまでも基本は、会社側の宣伝の場であるからです。

そうした説明を聞いて、ハード面を理解するだけでも参考になると思いますが、ただ流されるのではなく、せっかくの機会ですから、しっかりと理解出来るように、わからないことは積極的に質問すべきだと思います。

意地悪な質問でもいいのです。そのときに、その担当者がどのような反応を見せるかも大事な情報です。一瞬の表情を見逃さないことです。

また、施主のニーズ、コンセプトは何だったのか、どのような工夫があるのかなどもぜひ聞いてください。

間取りの工夫、動線の工夫、収納の工夫など、注文住宅ですから、「家」ごとの主張、ストーリーがあるはずなのです。そうしたいわばソフト面が語られない見学会(少なくとも完成した建物の場合)は、物足りないものに感じるはずです。

実際、見学会にせよ、日頃の現場にせよ、数多く見ているとだんだんと勘所がつかめてくる、見るべき場所がわかってくるというお客様の声が多く聞かれます。

 

大手ハウスメーカーのツアーの目的

また、大手ハウスメーカーの場合、大規模なバスツアーなども頻繁に行われています。

こちらは現場といっても工場見学などが主体のようです。工場見学で得られる情報もまったく意味のないものとは思いませんが、注意を要するのは、参加するだけで一家族1万円の参加費がもらえ、豪華お弁当がついているというケースすらあります。

つまりは、お客様を事前に取り込むための接待旅行の様相だということです。そうした趣旨のツアーや会が多いということも、頭の片隅に留めておいてほしいと思います。

決して、そうした思惑には振り回されないでください。

関連記事

住まい選びの教科書