家が好き、人が好き、タマック!

menu

本当に「注文住宅は高嶺の花」?建売り住宅との価格差とは?

 

建売り住宅やセミオーダー住宅を考えている人たちは、フルオーダーと呼ばれる、いわゆる注文住宅は高嶺の花だと思っている場合も少なくないようです。

しかし実際には、建売り住宅が買えるのであれば、注文住宅を建てることも可能です。やや高額になるケースが確かに多いですが、それほど大きく金額が変わるものではありません。実際に、私どもが施工しているほとんどの注文住宅は、決して手の届かないような高価なものではありません。一生に一度か、あっても二度、何千万円もの買い物ですから、より安心して暮らせる、自分たちらしい人生を過ごす住まいに、そのくらいのプラスはかけてもいいのではないでしょうか。住宅ローンを組むとすれば、何十年かの期間で月々のアップ率はそれほどのものではないはずですし、住んでから掛かり続ける光熱費やメンテナンス費用なども換算すると、逆転してしまうケースも多々あります。

私のお客様の中には、建売り住宅よりも安く注文住宅を建てた人もいました。もちろん、その場合は、お客様自身が努力をしました。出来ることは自分でやるという姿勢です。だからこそ、限られた予算で自分が心底望む「家」を持つことが出来たのです。こだわるべきところにこだわれる、それが注文住宅の最大のメリットです。こだわらなくていい部分はこだわらないでコストを圧縮すればいいのです。

ある方が言われていた言葉が印象的でした。それは、「建売り住宅というのは万人受けするように作らないといけないから、特に目に見える部分、設備や外観はある程度見栄えのいいものにしないといけない。だけど、たとえば自分たちはお風呂にはこだわりたいけど、キッチンにはそこまでの思い入れはない。そうしたこだわりのあるなしでメリハリをつければ、建売り住宅とさほど変わらない費用感で十分に気に入った家が建てられる」というものでした。

もちろん、一事が万事、そううまく行くとは限りません。注文住宅ですから、確かにお金を掛けようと思えば、いくらでも掛けられます。しかしこの方のように、こだわるところにメリハリをつければ、建売り住宅よりはお金が掛かるとしても、その差はそれほど大きなものにはなりません。その差をどう考え、捉えるかということだと思います。

 

「ゼロから造り上げること」こそ注文住宅の醍醐味

注文住宅のパートナー選びは簡単ではありません。
しかも、そのパートナーだけに頼ることも出来ないのが、注文住宅というものです。

施主であるお客様、つまりは皆さんが主役である以上、しっかりと考え、家族で相談し、ニーズを見極め、コンセプトを明確にして、具体的な要望、あるいは実現したいスタイルなどを決めていかなくてはいけません。

もちろん、最初からそうしたことまで明確な人はむしろ少数派です。家づくりに動きだした時点では、あまり具体的に考えられていないことがほとんどです。そこで、私たちが「どんな生活がしたいか」「家族の距離感はどのように考えるか」「今、どのような不便を感じているか」などと質問していき、その答えを聞いて、それらの課題を解決する、あるいは要望を実現するための具体的なプランに落とし込んでいきます。そして、何をどういう順序で、どういう点を優先して考えていけばいいかを提案していきます。

ただ、そうした提案をじっくりと検討し、本当にそれで納得出来るかどうかを施主であるお客様は考えなくてはなりません。そのためには、細部まで含めて一緒に詰めていくことが重要なので、打ち合わせ回数は何十回とふくらんでいきます。

確かにそれは、忙しい中で時間も取られることですし、簡単ではありません。しかし、何千万円もかける買い物、しかも建売り住宅ではなくゼロから造っていくのであれば、そうした手間暇は仕方がない、むしろ、それが楽しいというふうにならなければ、本当の家づくりは楽しめないと思いますし、注文住宅の醍醐味もないと思います。そこははっきりと申し上げたいのです。

関連記事

住まい選びの教科書