家が好き、人が好き、タマック!

menu

【設計プラン・設備仕様】納得いくまで打ち合わせを重ねる

 
間取りも仕様も決まっている建売り住宅と違い、注文住宅とはその字の表すように間取りから仕様、設備、内装にいたるまで予算の許す範囲内であれば自由に考え、選び、カスタマイズ出来るフルオーダー住宅です。

しかし、実際は注文住宅とは名ばかりで、ベースとなる間取りや設備まである程度決まっており、限られた種類の中でしか選ぶことの出来ないセミオーダーの住宅が多いという事実は、これまでにも説明してきた通りです。幅広いターゲットに受け入れられる間取りや最新の設備を採用している場合がほとんどなので、必ずしもセミオーダーの住宅が悪いというわけではありません。ただ当然ながら、セミオーダーの会社を選ぶと、「じっくり納得のいく『家』を建てたい」「既製品ではない家を造りたい」という想いを持つ施主にとっては、物足りないものになってしまう可能性があります。

そのため、納得出来るまで設計の提案や設備仕様の相談に応じてくれるかは、住宅会社選びの大きなポイントと言えます。特に年間100棟以上を建てる会社は扱う棟数が多いため、細部にまで手が回らず、セミオーダーが基本になってしまうケースも多く、そのような会社の場合、打ち合わせ回数は何回まで、と内部的にあらかじめ決まっていることもあるのです。

また、素人だからあまり何度も口出ししてはいけないのではないか、と遠慮してしまう人もいます。しかし、引渡された「家」にこれから永く暮らすのは施主自身と家族です。納得ゆくまで何回でも図面を引き直し、相談に乗ってくれる会社を選ぶことで、最終的に納得出来る間取り、本来望んでいた生活空間を実現することが出来る可能性が高まると言えるでしょう。

また、「設備と仕様をすべて一日で決めました。小さなサンプルを次から次へと並べられて、どれを選んだらいいのか最後はもう何が何だかわからなくなりました。もっと時間をかけてじっくり楽しんで選びたかったのに……」以前相談に来られたお客様には、こんな人もいました。

本来、注文住宅の設備や仕様、インテリアを一日で決められるはずがありません。

これは、その住宅会社の自社都合でしかなく、お客様の楽しみを奪ってしまう哀しいケースです。当然、実際に工事が始まってからこんな仕様を選んだつもりはなかった、イメージと違う、合わない……など、行き違いも起こりがちになります。

こういった住宅会社の場合、現場監督に申し出ても、こちらは施主が選んだ仕様と設備を発注しただけとまともに取り合ってくれないでしょう。これでは誰のための「家」なのかわかりません。

自分とその家族が永く暮らす家。納得いくまで、打ち合わせを重ねてください。

関連記事

住まい選びの教科書