環境性能と経済性を両立する、次世代の住宅がZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。
では、高断熱性や省エネ性、そして発電力を持つZEHの家を建てると、実際にどんなメリットを受けられるのか、詳しく見ていきましょう。

一般住宅とZEHのエネルギー比較

1.家計に優しい

2-1

上記のように、ZEHのわかりやすいメリットは光熱費を実質ゼロにすることが可能な点で、さらに余った電力を売ることで、むしろプラスにすることができます。

2.健康改善

断熱性の高い家には、夏涼しく冬は暖かく、一年を通して急激な温度変化がしにくいという特徴があります。これによって、体にかかる負荷が少なくなり、体調が悪くなりにくいという効果も期待できます。

3.環境に優しい

ZEHの特徴のひとつに、省エネルギー性があります。使うエネルギーが少ないということは、ひいては二酸化炭素排出量や温室効果ガスの削減など、地球全体にも良い影響を及ぼすということです。

4.資産価値

2-2

ZEHが今後標準的な住宅の仕様となっていくということは、国の方針としても明らかです。これからZEHではない、従来の一般的な住宅を建ててしまうと、将来、資産価値が下がってしまう可能性も考えられます。

5.補助金

ZEHが今後標準的な住宅の仕様となっていくということは、国の方針としても明らかです。これからZEHではない、従来の一般的な住宅を建ててしまうと、将来、資産価値が下がってしまう可能性も考えられます。

6.防災性能

大規模な災害が起き、ライフラインが断たれたような時、少なくとも自家発電のできるZEHは、従来の住宅と比較して防災性能にも優れているといえます。

このように、将来を考えた家づくりをする上で、
ZEHは大いに検討する価値のある住宅です。
気になる方は、ぜひ一度お問い合わせください。

aboutcost