注文住宅を建てようと考えた時、まず検討するポイントはどこでしょうか。
多くの人は間取りや外観、インテリアのことなどを思い浮かべることでしょう。
もちろん、これらは住宅づくりにとって重要なポイントですが、今回紹介するのは、家を建てた後の話。
その家に住む上でのランニングコストを抑えつつ、エコにも貢献できる「ZEH」について紹介します。

ZEHとは?

1-1
ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、「ゼッチ」と読みます。

これは、断熱性の向上と自家発電という2つの要素を組み合わせることで、年間で消費する正味(ネット)の住宅エネルギーをゼロ以下にすることを可能にした住宅のこと。

「家で使うエネルギー量 − 家で発電したエネルギー量 ≦ 0(ゼロ)」を達成できる、次世代の住宅のあるべき姿です。

ZEHの家に必要なポイントは?

では、普通の住宅とZEHでは何が違うのでしょうか?
ZEHの特徴は、以下の3つを兼ね備えていることです。

・断熱性能が高い(エネルギーを使わなくても快適)
・省エネ性能が高い(エネルギーを効率的に使うことができる)
・太陽光発電などのシステムがある(エネルギーを創り出すことができる)


さらに、ZEHを新築したり、既存の住宅をZEHに改修したりすると、国から補助金をもらうことができます。

これだけ見てもわかるように、ZEHは環境に優しいだけでなく、ランニングコストも削減できる、エコロジーかつエコノミーな住宅です。今後、新築やリフォームを考えている方は、覚えておいて損はありません。

ZEHが当たり前の世の中に!? エネルギー革命の到来

1-2経産省は「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標としています。
これは、国としてもZEHがこれからの住宅の標準仕様だと捉えているということ。
2020年以降、ZEHはまさに「新築住宅なら当たり前」の仕様となっていくのです。

もちろん、既存の住宅を作るのと比較すれば、高断熱にするための材料費や太陽光発電などの設備費といったイニシャルコストがかかってくることになりますが、補助金やランニングコストのことを考えれば、十分に検討する価値はあります。

より暮らしやすく、より経済的な家づくりの目標となるZEH。
もちろん、タマックの注文住宅でもZEHは可能です。
次世代の家づくりに興味が湧いた方はぜひ一度ご相談ください。

merito

cost