タマックの家

House タマックの家

SE構法とは

システム化された木造ラーメン構法。 それが耐震構法SE構法。

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げる。 従来、鉄骨造やRC 造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れたのがSE構法です。

構造計算も、鉄骨造やRC造、 大規模建築物と同じ手法で実施。

「人の安全は、耐震性能や耐久性能などの、 安全性能によって守られるべきである」との考えに基づき、 一般の木造住宅では必須とされていない構造計算を行っています。 木造住宅では類を見ないような、 耐震性に優れた広く自由な空間づくりが可能となるのです。

耐震構法 SE構法
耐震構法 SE構法

技術があるからできるデザイン

耐震構法SE構法では、平角柱を使用した耐力フレームにより、強さを保ちながら、 大開口や車3台のスペース確保をも可能にするビルトインガレージなど、ラーメン構法による木造住宅の可能性を広げています。

狭小3階建て

全棟構造計算による木造ラーメン構法の特性を生かすことにより、プランの自由度も広がります。

オーバーハング

最大1.5mまでのオーバーハングが可能です。1階部分を駐車場にしたり、バルコニーへの活用など、空間を有効活用できます。

狭小3階建て

ビルトインガレージ

「耐震構法SE構法」では、通常9mまでのスパンを可能にし、最大3台の駐車スペースが可能です。さらに、独自の構造計算により12m以上も可能なので、さらに大きな空間も。

屋上利用

全棟構造計算しているため、屋上の有効利用も可能です。屋上が利用できることは、暮らしを楽しむ様々な提案が可能になります。

ビルトインガレージ

大開口・大空間

木造ラーメン構法の「耐震構法SE 構法」の特徴である「大開口・大空間」。広いリビングや大きな窓を様々な空間にご活用いただいております。

吹き抜け

新築時には吹き抜けで、数年後に吹き抜けを床にして上層部を全面利用するなど、将来を見据えた設計も可能にします。全棟構造計算しているからこそできるプランニング方法です。

大開口・大空間

勾配天井

勾配天井により、天井の懐を有効に活用したり、最上部の天井高も高くできたり、様々な空間利用が可能です。

勾配天井

スキップフロア

上下の空間の広がりで、住宅のあり方を提案します。スキップフロアを活用し、プライベート空間の演出とともに、家族を感じる空間作りを可能にします。

スキップフロア
お問い合わせはこちらから
PAGETOP