タマックで家を建ててみて分かったこと

トップページへ
  • 川崎の工務店の現場見学会
  • 川崎の工務店の家づくり勉強会
  • 川崎の工務店の家づくり
  • 川崎の工務店の土地探し
  • 川崎の工務店の二世帯住宅
施工事例 イベントアルバム 暮らしすと
  • タマックの社長ブログ
  • 今日のタマックブログ
  • タマックのツーリングブログ
  • 一級建築士の楽らく家づくり研究所
  • スタッフ紹介
スタッフ募集
SE工法

家に帰ってきた時「ただいま」と声をかけてもらえる安心

今回、お話しさせていただいたのは、タマックで二世帯住宅を建てていただき、住み始めて1年になるY様ご夫婦とそのご両親です。
タマックでは、最近、「二世帯住宅を建てたい」というお客様が増えています。二世帯住宅を検討する前は、皆さん、多少なりとも不安を感じる方が多いようです。
そんな時、聞きたいのが経験者の声。
一緒に住むと決めたときどう思ったか?
実際に住んでみたらどうだったのか?
二世帯住宅を注文住宅で建てて、住んでいらっしゃるY様ご夫婦とそのご両親の名前の声です。
Y様邸の写真は、こちらのページからご覧いただけます。>>

最初は夫婦二人で住むつもりだったんです

鎌田:まず二世帯住宅を考え始めたきっかけを
教えていただけますか?

Y様:アパートの更新の時期が来たことに加え、
住宅ローンを組む際の年齢の上限になったことが
きっかけです。
最初は、両親と一緒に住もうとは思っていなかっ
たんです。

奥様:二人で住むつもりで、いいと思う土地を見つけ、親に「家を買うことにしました」と言ったら、二人が何となくしょんぼりしたような気がして…。
私がいない方が本音を言い合えると思い、私がいないところで夫と両親とで話し合ってもらうことにしました。

鎌田:親御さんとしては、「一緒に住んで欲しい」と思ってはいても、なかなか切り出しにくい部分が
ありますよね。

お父様:いずれは一緒に住みたいとは思っていたけど、前の家だと生活スタイルも違うし、同居は難しいと感じていました。
家は、いずれは息子に相続させるつもりで、将来は、面倒を見てもらえたら嬉しいなぁと思ったりしていましたけどね。

お母様:正直なところ、これだけの広さの土地なので、夫婦二人だけで使うのは勿体ないと思っていました。

鎌田:工務店サイドから見ると、「土地を持っている」ということは本当にメリットだと思います。
ここら辺で家をつくる場合、家そのものより、土地にお金がかかることが多いですからね。

タマックに決めた理由

奥様:結局、夫と両親が話し合って同居することになったのですが、結婚するときに、いずれは夫の両親と一緒に住むと考えたいたので、抵抗はなかったですね。
ただ、実際に設計の段階になって、別の問題が浮上したんです。

お父様:建築基準法の私道の取り扱いが変わって、このままでは、建て替えは不可能だと大手の二つの建築会社に言われたんだよね。

奥様:仕方がないので別の工務店を探すことに
なりました。今度は、地元密着の工務店がいいと
思い、インターネットで色々なキーワードで検索
したところ、たまたたタマックを見つけたんです。

鎌田:なぜタマックがいいと思われたんで
しょうか?

奥様:工務店の口コミサイトのようなところで、
他の工務店は悪い評判も書かれているのに、
タマックは悪い評判が全然なかったんです。

二世帯住宅に暮らしてみて

鎌田:実際に二世帯住宅に暮らしてみて、いかがですか?

奥様:助けられることばかりです。階段や玄関周りのお掃除、傘や靴を小まめに干してくれることなど、
本当の子どものように色々とお母さんにやってもらって、とてもありがたいです。

お母様:私はいつも家にいるので、ついついやってあげたくなってしまうんです。
でも、私もお料理のことで助かっているんですよ。うちは和食ばかりだけど、嫁は洋食派なので
交換し合って楽しんでいます。

奥様:本当は、私がもらってばっかりなんですけどね。(笑)

お父様:うちは玄関を一つにして、キッチンやお風呂などの水廻りは全部二つにしたんだけど、
玄関を一つにしたことで、お互いの気配を感じることができて、そこが良かったと思ってますね。

お母様:家に帰ってきたとき「ただいま~」と声をかけてもらえると安心しますね。

Y様:親がいなくなった後のことを考えると、完全独立型のドアを二つのスタイルにして、親が住んでいるフロアをすぐに人に貸せるようにした方がいいかとも思いました。
でも、実際に住んでみると、ドアを一つにしたことで、両世帯がコミュニケーションがとれる気がするので、やっぱり一つで良かったですね。

二世帯住宅を検討している方へのアドバイス

鎌田:最後に、二世帯住宅を建てる方にアドバイスがあれば教えて下さい。

お母様:私は、キッチンが二つで本当に良かったと思っています。
私自身が元々、二世帯住宅の経験者なのですが、両世帯が生活する上で、お互いに干渉しないでいられる状態が一番幸せなんだと思っています。

Y様:この年齢になると、夫婦間ではよく話をしても、親と話す機会なんてあまりないものです。
今回、家を作ることで、親と話をする機会が増えて、良かったと思いました。
つくる前から、できるだけ楽しんで家づくりをしたいと思っていました。
実際のところ、楽しいこと7割、苦しいこと3割でしたが…(笑)


お引越しして1年になるY様でしたが、ご家族が
満足していらっしゃる様子が感じられるインタ
ビューで、私まで嬉しくなってしまいました。
二世帯住宅経験者の私は、Y様の「お互いの
世帯のやり方に口を挟まないことが大事」と
いう言葉に深く納得させられました。
二世帯住宅づくりには、本音を言える関係が
大切だと思いました。
(鎌田)