家が好き、人が好き、タマック!

menu

建売り住宅という選択に、本当に満足できるのだろうか?

 

皆さんは、建売り住宅と注文住宅の違いをしっかりと認識しているでしょうか?

実は、あまりはっきりとはわかっていないという方も多いと思います。これまでに一戸建ての家づくりの経験がない方の場合、それも致し方ないことかもしれません。しかし、家探しをする前にそうした知識を持っていないと、賢い選択ができない場合がありますのでご注意ください。

建売り住宅とはどのような住宅でしょうか。
これは、住む人が決まってから家を建てるのではなく、多くは新たな造成地に住宅地を作るべくいっせいに建てられる。あるいはそれまで別の古い住宅が建っていた土地が業者に売られて、その家を解体して新たな家を建てる。場合によっては一軒の大きめの家が建っていた土地に、小さめの2軒、あるいは3軒の家を建てて、買い手を探す。そうした住宅を指して言います。

そうです。建ててから売るから建売り住宅なのです。

注文住宅とは、一戸建ての“我が家”が欲しい当人がどんな家が欲しいかを家族で考えて、それから工務店やハウスメーカーなどに注文して設計から始めて建てる家を言います。さらに注文住宅の中でも大きく2つに分かれます。フルオーダーとセミオーダーですが、それはまた別の機会に説明しましょう。

話を建売り住宅に戻します。建売り住宅も中には買主が契約をする時点ではまだ建っていない、あるいは建築中という場合もありますが、いずれにしても、すでに設計は決まっていて、建築確認(建築計画が建築基準法に則っているかどうかを行政機関が確認する行為)も終わっています。つまりそこから基本的には変更ができず、やはり建った家をそのまま購入するというイメージです。

またはまだ建築前で、まず土地だけを販売し、建築条件付きなどの形で設計済みの建築計画がすでにあるような物件を、建売りではなく、売り建て住宅などとも呼びます。このケースでは若干の変更ができる場合もありますが、あくまでも若干の範囲に留まります。

言ってみれば、店に並んだ出来合いの商品を気に入ったら購入するという商行為に似ています。これに比べて注文住宅の場合は、打ち合わせをしながら設計をしてもらい、設備やインテリアなども自分たちで決めて、それから建て始めます。

私たちは注文住宅メーカーなので建売り住宅は扱いませんが、これまでの経験から言うと、「何が何でも建売り住宅に住みたい」という方はおそらくいないと思います。ではなぜ建売り住宅という名のいわば既製品を選ぶ方が多いのでしょうか。

それは、わかりやすいからだと思います。しかも、比較的手近に感じるため行動しやすく、一度行動を起こすと、業者のあの手この手でからめ捕られてしまう世界だからです。

建売り住宅の特徴についても書いておきましょう。

建売り住宅にはもちろん、販売価格を抑えるための工夫が随所にあります。出来合いを売る以上、見た目がまず重要です。とは言え、それほど豪華と感じる建売り住宅はほとんどありませんが、ある程度以上の見栄えは重視します。その代わりにどこで原価を抑えるかと言うと、まず大量発注できる同じパーツで組み立てます。だからどうしても同じような家がずらりと並んでしまうわけです。個性がありません。

加えて、見えなくなる部分で価格を抑えるというのが一般的です。出来合いの家では工事の過程を確認することはできません。断熱材の良し悪しもわかりませんし、基礎工事の過程もわかりません。もちろん、買って数年で壊れる家は日本にはないと思っていいでしょう。しかし、地震の多い日本で20年後にはどうなっているかわからない家は、それこそたくさんあるのです。

ローコスト系のメガビルダーで、自由設計を標ぼうしているところもあります。「自由設計」ですから注文住宅ではないかと思えるかもしれませんが、実は、あまりに条件の多い自由設計というケースがほとんどで、建売りと同じくフォーマットが決まっているという場合が少なくありません。そのため、結果的には売り建て物件となんら変わらなかったという事も起こり得ます。

関連記事

住まい選びの教科書