家が好き、人が好き、タマック!

menu

中古やリノベーションという選択肢について

 

昨今の時代に注意を要することが一つあります。値の張る買い物である不動産(マンションにしても一戸建てにしても)の買い替えは簡単ではないという事実です。とりあえずは中古の、あるいは新築のマンションを購入して、そのうちまた時期が来たらそのマンションを売って、次に土地を購入して一戸建てを建てればいいという考えは残念ながらそうそう成り立ちません。今は、物の値段が上がりにくいというメリットもありますが、何千万円という、いわば商品がそうそう良い条件で転売できる時代ではないのです。いや、むしろその価値が大きく目減りしてしまうのが常です。

思ったよりも安くしか売れない。それもすぐには売れない。売れる気配もない……。土地もそうですが(中古の建物にはほとんど値がつかないと思ってください)、中でもマンションは、買った途端にその市場価値は半減するといわれます。1日でも中古物件なのです。「気に入らなかったら買いかえればいいや」は通用しない。それだけ失敗が許されない買い物なのです。

そうした状況において、中古の一戸建てをあえて買う理由は正直、あまり見当たりません。一戸建ては築年数が古くなるほど耐震基準が古い基準のままですから、地震のリスクがこれだけ高まっている現在、築年数の古い家は正直、不安です。建て替えた方が得策だと思われるケースが多いからです。それでもあえて中古を選ぶ理由は、気に入る物件をたまたま中古で見つけたというのもあるでしょうが、基本的には予算の問題が多いのかと思います。

唯一、マンションを選択した場合には、中古マンションのリノベーションという選択肢があります。これが最近、結構、流行っています。

既成のものを購入するのではなく、自分や家族の生活や趣味に合わせた家を創る、そんな価値観で考えれば、注文住宅で一戸建てを建てるか、あるいは中古のマンションを購入してリノベーションをするか、いずれかの方法ということになります。中古マンションリノベ派は、利便性などの面からマンションを選びつつも、既成品に満足しない層です。つまりリノベ派は、中古マンションしか手が届かないのではなく、あえて、中古マンションを購入して、思い切って手を入れる層なのです。

それこそ全面的に作り替える人も増えてきています。中をがらんどうにして、一から作り直します。もちろん躯体そのものはいじれません。全体としての広さや形は変えられませんが、間仕切りはなくせますから、間取りも思いのままに作ることができます。

マンションは、先述したように、買った瞬間に市場価値が下がります。しかし、一定ラインからはそれほど下がらないという傾向もあります。その底値近くで買って、リノベーションするわけです。適切な仲介業者から購入すれば、そこから先はそんなに価値は下落しないで済むわけです。場所は変わりませんから、利便性は確保されているわけです。考えようによっては一番安全で堅実な買い物と言うこともできます。

既製の新築マンションを買って良しとするよりは、むしろ中古リノベーションはありかなと思います。マンションを買うのであれば、そんな方法のほうをお勧めしたいと思います。

関連記事

住まい選びの教科書