家が好き、人が好き、タマック!

menu

セミオーダーとフルオーダー それぞれのメリットとデメリット

 

ここで、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅のメリットとデメリットを改めて整理しておきたいと思います。どちらも注文住宅と呼ばれるものですが、その違いは小さくありません。

フルオーダーであるがために、たとえば私たちが建てる家の外観は全部違います。
それに比較してハウスメーカーの建物というのは、ぱっと見てどこのものかがわかるほどに、イメージが固定化されています。ある程度規格化されている商品なので、完成形がイメージしやすいというメリットがありますから、そのイメージが気に入れば、その通りに造ってもらえばいいということになります。ただ、そのイメージはやはり最大公約数に近いものなので、もっとオンリーワンのものを造りたい、あるいは具体的な固有のイメージがあるとすれば、それはフルオーダーでしか叶えることは出来ません。

フルオーダーは、オンリーワンの家づくりであり、それぞれ手間暇かけてお客様と住宅会社が一緒になってコンセプト=住まい方を絞り込み、設計に落としていく作業なので、完成形は当然、すべて違います。お客様の求めているもの、それが顕在化したニーズであれ、あるいは潜在的な願望であっても、それを見つけ出し、導き出して提案していくのが、注文住宅を専門とする住宅会社の基本スタンスです。お客様のニーズを満たせるのが、フルオーダー住宅のメリットです。

さらに言えば、お客様にも努力と勉強を求める結果となります。まだ明確なイメージが出来ていないとすれば、自分たちがどのような「家」を求めるのか、あるいはどのような暮らしをしたいと思っているのかを考えてもらわないといけません。また、設計前も、設計後、施工中もかなりの回数の打ち合わせをする必要があります。私たちもですが、お客様にも労力がかかるものなのです。なぜならば、お客様は施主であり、実際に「家」を建て、そこで住まう主役だからです。主役であることは、契約後も変わりません。

そこまでは必要ない、自分なりの明確なイメージまでは持ち合わせていないというのであれば、ハウスメーカーの提案するセミオーダー住宅や建売り住宅という選択肢もあります。そもそも変更ができない、もしくは外観や機能を選び、間取りを決め、後は設備仕様を決めていく。それぞれある程度のバリエーションから選んでいく。それさえ決めれば、後は建て始めるだけです。建て始めてしまえば、基本的には打ち合わせもない。現場に行っても煙たがられるわけですから、それに納得できるというのであれば、労力はいりません。ハウスメーカーを正しく選び、現場がしっかりとさえしていれば、一つの解決策であることは間違いありません。労力がかからないことは、セミオーダー住宅や建売り住宅のメリットだともいえるでしょう。

ただ、繰り返しになりますが、本当に納得して住宅会社を選び、契約書にハンコを押したのでない限り、どうしても不満が残ります。「こんなはずではなかった」「こんなことは聞いていない」と不満足に思うことになれば、そこにつぎ込んだ多額のお金が無駄になってしまいます。ほとんどの場合、家づくりは一生に一度のことです。そうした後悔はどうあってもしたくないものです。

関連記事

住まい選びの教科書