地震大国日本。
そして、地震の際に最も危険なのは揺れではなく、その後に襲ってくる火事です。
タマックでは、この揺れと火事の二つの危険に対して、
絶大な効果を発揮する「ツーバイフォー工法」を当初より採用して参りました。

タマックが2×4(ツーバイフォー)工法を採用した理由

快適&安心の構造

タマックが「ツーバイフォー工法」を採用する理由、
それは、住宅とは住み心地だけではなく、『家族の安心』をご提供するものでもあると考えるからです。

 

 

高い信頼性

構造の基本部材や釘のサイズ・使用方法・使用箇所、さらに施工の手順まで、 国土交通省の技術基準告示や
住宅金融公庫共通仕様書によって細かく規定されている ツーバイフォー工法においては、使用される釘にも、
サイズや用途別に1本1本カラーリングが施されています。
これは一度打ち込んでしまうと確認の難しい釘を、確実にチェックできるように考えられたシステムです。
このように細部にまで徹底した 品質管理行われるのは、ツーバイフォー工法
施工における高い信頼性の証でもあります。

2×4の構造

点ではなく、面で建物を支える

ツーバイフォー工法は、日本古来の在来軸組工法とは基本的に異なる
考え方に基づいた建築工法です。
そのもっとも大きな違いは、 建物の重さをどのように受け止めるか、
という部分にあります。
在来軸組工法では、基本構造部分である柱や梁によって建物を支えるのに
対し、ツーバイフォー工法では床・壁・天井の六面により箱を形成して建物を
支えています。つまり、
在来軸組工法は「点」によって、ツーバイフォー工法は「面」によって
構造を支える
ことを基本としているのです。

 

 

  

 

 

荷重を分散し、外力に強い構造

このように面を基本構造としたツーバイフォー住宅は、地震や台風などの外力を面全体で
受け止めることで、荷重を一点に集中させることなく効率的に分散し、抜群の強さを発揮します。
さらに気密性や断熱性にも優れたツーバイフォー住宅が備えているこうした優れた特長は、
すべてこの面構造が基本となって実現されます。

2×4の耐震性

2×4の耐震構造

地震大国といわれる日本の住宅にとって、優れた耐震性は不可欠な
基本性能です。
数ある建築工法の中でも、地震に対して抜群の強さを発揮する工法として
知られるツーバイフォー工法では、 床・壁・天井の6面を一体として形成する
事により、地震の揺れを 各面で効率良く吸収し、負荷が一部分に
集中することを防ぎます。

2×4の耐震実績

ツーバイフォー工法は阪神大震災でも驚異的な強さを実証しました。
被災地における震度7という激震による家屋の被害は全壊約10万1000棟、半壊を含めた一部損壊が
約28万9000棟以上となりました。
その中で、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%が特に補修をしなくても継続居住可能な状態でした。

2×4の耐火性-実は火災に強い木造住宅

表面を炭化して構造を守る木造住宅

一般的に木材は火に弱いと考えられがちです。
しかし、ある程度の太さや厚さがある断面の大きな木材は、いったん燃えると
表面がこげて炭化層をつくり、そのため内部まで火が進行せず、強度が
低下しにくい性質を持っています。

鉄骨は550度で強度が低下する

これに対し、火に強い素材と考えられている鉄は550度を超えると急に柔らかくなり、
その強度が大幅に低下するため、住宅の場合では骨組みが崩れ落ちてしまう可能性が高くなります。
木造住宅が火に強いと言うことは、火災実験の結果などからも 明らかな事実として
確認されています。

 

 

火の通り道を遮断し延焼を防ぐ(ファイヤーストップ構造)

火は空気の流れに沿って燃え広がっていきます。
しかし、ツーバイフォー工法では火の通り道となる床や壁を構成する構造材
などがファイヤーストップ材となり空気の流れを遮断し、火が燃え広がるのを
くい止めます。
このような防火機能を持つ「ファイヤーストップ構造」によって、
ツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を
最小限に抑えます。

保険料が安くなる2×4住宅

上記の2×4工法によって建てられた住宅が火災に強いという理由により、
2×4工法によって建てられた住宅は、火災保険料を低く抑えることが可能に
なっています。

2×4のエネルギー効率

面構造だから実現できる優れた気密、断熱性

近年、重要視されてきている環境問題、そして家計における効率化の観点から、住宅においても
“ 省エネルギー化 ” が進んできています。
こうした点、ツーバイフォー工法は、木造住宅の中でもその面構造により優れた断熱性・気密性を持つため、省エネルギー住宅を実現しやすい工法と言えます。

  

 

 

ウレタン吹き付けによる断熱

タマックにおける施工ではその断熱性を高め、その効果をより持続させるために、現場における
ウレタン吹付け断熱を採用しています。
ウレタン断熱材は、断熱材として一般的に使用されているグラスウールの約2倍の断熱性能を
有しています。