二世帯住宅を建てる時には、
通常の一戸建てを建てる時よりも気を付けるべきポイントが多くあります。
二世帯住宅では、一つの家庭だけではなく二つの家庭で同居するので、
お互い配慮が必要だからです。
今回は、二世帯住宅を建てる時に失敗しないための
コツについてお話します。

間取りの考え方

3

まず、二世帯住宅においては通常の住宅以上に間取りが大切です。特に、どこを共有スペースにして、どこを独立スペ―スにするかは、よく話し合わなければいけません。
その代表的なスペースが「水まわり」と「食事スペース」です。

水まわりはトイレ、キッチン、浴室のことを指し、このスペースを二世帯で共有するか、独立して複数用意するかを決めなくてはいけません。
また、食事スペースも常に一緒に食事をするなら一つで良いですが、食事の時間帯が異なる時などは複数用意します。

これらを決める要素は「生活リズム」です。たとえば、夫婦共働きで多忙な夫婦と、引退した親夫婦であれば生活リズムが異なります。
このようなときは、独立スペースは多めにした方が、お互い生活しやすいです。

生活動線を考える

間取りにも関連することですが、二世帯住宅ではそれぞれの家庭の生活動線をきちんと考えて設計する必要があります。
たとえば、お互いの寝室は離しておき、寝起きや就寝前には干渉しにくい動線にするなどです。

ほかにも、音が漏れないように子供部屋の下階に親世代の部屋つくらないなど、音に関しても配慮した動線を考える必要があります。
また、逆に子供部屋を、リビングを通って入る動線にするなど、子供(親世代から見た「孫」)を意識した動線を考える場合も多いです。

独立二世帯も考慮に

二世帯住宅を建てる時には、親世代と子世代を完全に分離する「独立二世帯」を建てる場合もあります。
独立二世帯とは、たとえば1階に親世代が住み、2・3階に子世代が住むような建て方です。それぞれ、水まわりや玄関などは完全に分離しています。

独立二世帯にすると、交流は少なくなりますがお互い気兼ねなく生活できるというメリットがあります。
また、前項でお話した間取りに関しても各家庭で自由に決められるのもメリットです。ただし、水まわりや玄関まわりなどを複数つくるので、費用が上がる点は認識しておかなくてはいけません。

まとめ

このように、二世帯住宅を建てる時には、「間取り」と「生活動線」を、より意識して建てなければいけません。
また、場合によっては独立二世帯も考慮に入れて検討すると、間取りの幅も広がります。
いずれにしろ、二つの家庭で良く話し合ってお互い納得のいく二世帯住宅を建てられるようにしましょう。

 

s1s2s4

s5 s6s7