二世帯住宅を建てたときは、将来的に家族構成が変化することが考えられます。
仮に、親世帯が他界したことにより部屋が空いたら、
その部屋を利用する方法は複数あります。
二世帯住宅を建てるときには、その辺りも加味して建築するのが理想です。
親世帯のスペースに空き部屋ができたら、以下のような3つの方法があります。

子世帯で使用する

5まず一つ目の方法としては、親の居住スペースを子世帯で使用することです。二世帯住宅といっても、たとえば収納や部屋などを親世帯と共有している場合も多いもの。その場合には、自分達のスペースだけだと、決して広々としたスペ―スでない場合もあります。

そのため、親世代のスペースを自分達のスペースとして利用することで、生活範囲が広がります。生活範囲が広がれば、より快適に生活することができます。

賃貸として活用する

2つの目の方法としては、親世帯のスペースを賃貸として活用することです。賃貸として活用できれば、その分の賃貸収入が入ります。
そのため、初期費用はほとんどかからずに不動産投資ができるということです。

ただし、賃貸として貸すためには、ある程度の独立性を保たなくてはいけません。玄関も2つ必要ですし、水まわりも2つ必要になります。
そのため、仮に独立した家でない場合は、大規模なリフォームやリノベーションをする必要があるかもしれません。

仮に、賃貸にすることを見越すと、二世帯住宅を建てるときから設計を考えておく必要があります。たとえば、セキュリティを別にしたり、水まわりを複数つくっておいたりすると、スムーズに賃貸にすることが出来ます。

孫との二世帯に使用する

最後の方法は、孫との二世帯(子世帯とその子供世帯)にすることです。
自分たちが親世帯のスペースに移り住む方法もありますし、親世帯のスペースをそのまま孫世帯に明け渡す方法もあります。

高齢になるほど、手すりが必要だったり、段差がない室内の方が動きやすかったりします。
二世帯住宅を建てるときに、親世帯の部屋の設計を高齢者用にしておけば、子世帯が高齢になったときも過ごしやすいです。

まとめ

このように、親世帯のスペースが空いたときに、その後どのように利用するかは大事なポイントです。
なぜなら、その利用計画によって、建物自体の設計が変わってくる可能性があるからです。
二世帯住宅を建てるときには、出来るだけ汎用性が高く、どのような状況でも対応しやすいような設計にしておきましょう。

s1 s2 s3

s4 s6

s7