子世帯でリーダーシップを

タマックからの工夫の提案息子さん夫婦との同居では息子さんが、娘さん夫婦との同居では娘さんがリーダーシップを取って、
新しく家族になった人が生活しやすいようにしてあげましょう。
二世帯同居にはルール作りが不可欠ですが、それにはお互いに言い出しづらい事柄を積極的に
まとめていくリーダー役が必要です。

しっかりとしたルール作りを

親世帯は親子間で細かなルールを作る事を「そんな水くさい事を・・」と言って嫌う傾向にある
ようです。
しかし、全く違う環境で育って来た人が新しく家族に加わるのです。永く、仲良く暮らすためには
ルール作りは必須です。
嫌がらずに子世帯主導でルール作りをして下さい。

意見はしっかり伝えましょう

お嫁さん(お婿さん)の意見は、角が立たないよう出来るだけ息子さん(娘さん)の意見として親世帯に
伝えてあげましょう。

キーマンはお孫さん

お孫さんは両家族の架け橋。存分に活躍してもらいましょう。

親戚付き合いは?

親戚付き合いは出来るだけ親世帯で対応してあげましょう。

ゴミだし

共有スペースの掃除は「基本的には親世帯」、ゴミ出しは別々が一般的です。

親世帯の設計

親世帯の設計は高齢化への配慮を施しましょう。

両家の親族に対して最大限の配慮をしましょう

二世帯同居は、今後起こり得るあらゆる事態を想定し、自分の兄弟姉妹や、配偶者の両親に対して
最大限の配慮をしましょう。

 

s1 s2 s3

s4 s5 s6